ピアス

ピアス穴を開けるときの注意点

医師ピアスの穴をあける時にはいくつかの注意点があります。

身体の一部に穴を開けると言う事には、感染症の危険なども伴います。ピアスを開ける際には、評判が良く、信頼できる医療機関で開けられる事を推奨します。また、ピアスの穴をあける際、金属アレルギーかどうかをチェックする必要がある場合もあります。皮膚科ではパッチテストを行ったり万が一のトラブルの時もきちんと対応できますので安心です。

また、ピアスをあけると穴のあたりが赤くなったり、痛くなる、膿がでたりするなど細菌感染をおこすことがあります。万が一、そのようなことがあった場合には、抗生物質を飲む必要があります。

その他、ピアス穴にピアスがめり込んでしまい(皮下埋入)、皮膚が黒ずんだり、ピアスが取れなくなったりすることがあります。のめり込みがひどい場合は切開手術をする必要があることを念頭に置いてください。また、ピアスの重さに耐え切れず、ピアスホールが裂けてしまうことも稀にあり、この場合も手術が必要になります。ファーストピアスはあらかじめこちらで用意したチタン製のロングピアスを使いますが、ホール完成後もピアスを常に使用する場合は、あまり重いものは使用しないようにした方がよいでしょう。せっかく、オシャレのためにあけるピアスですから、トラブルなくピアスホールをあけたいものですよね。茨城県鹿嶋市にある松永皮フ科クリニックでは、ピアスの穴あけも行っております。信頼のあるドクターのもとで穴をあけますので万が一のトラブルにも柔軟に対応しています。

 

ピアス穴を開ける際は皮膚科で

内観いまや性別や年齢に関係なく、ピアスはオシャレの定番ですが、自宅で気軽にピアスホールをあけている人も多いようです。しかし、ピアスの穴あけは、医療行為であるため、感染などの危険性もはらんでいるので注意が必要です。

ピアスはホールの角度、ピアスの形状・素材、アフターケアなどによって仕上がりに差が生まれるにも関わらず、ピアスについてきちんと学んでいない医療機関で行うと、トラブルの元になってしまいます。

病院だから安心というわけではありませんが、雑菌が入ってしまったり、アレルギーが併発してしまう可能性もあるので医療機関で行う方が安心です。

今後ずっとつきあう、ピアスなので、真剣にピアスの穴あけに取り組んでいる病院であけることを推奨します。

ピアスをあけた後は、ケアの必要があります。茨城県鹿嶋市の松永皮フ科クリニックでは、肌に優しいケアジェルを処方しておりますので、肌が敏感な方にも安心して御使用いただけます。ピアスホール形成までは約1ヶ月程かかりますが、何かトラブルがあった場合にはぜひ松永皮フ科クリニックで診察を受けてください。

 

施術の流れ

STEP1 カウンセリング

受付矢印ピアスホールをあける前には、カウンセリングを行います。

実際にピアスを行う部位(耳たぶ)の状態を診察した上でピアスが可能かどうかを判断し行います。

 

STEP2 マーキング置を決める

矢印耳たぶ、軟骨などどの部位にどの角度でピアスホールをあけるか、相談しマーキングします。

STEP3 穴をあけます

矢印マーキングした部位を逆性せっけんで消毒し、穴をあけます。ピアッサーで行いますので一瞬で終了し、痛みも軽度です。トラブルの少ないチタン製のロングピアスを使用します。

痛みに不安がある方は麻酔を行ってから施術することもできます。

STEP4 アフターフォロー

医師ファーストピアスが入った状態を確認し、ケアジェルをお渡しします。

 

約1ヵ月半、ピアスホールの形成までは、ファーストピアスをつけた状態にして下さい。1ヶ月半後、ピアスホールが形成されても、何かにひっかけてしまったり、ぶつかったりするとまた腫れや赤み・浸出液などがでてしまう可能性があります。こういった時はファーストピアスを使用しますので大切に保管しておいてください。また、きれいに洗い、常に清潔な状態を心がけてください。

美容皮膚科 無料カウンセリング実施中 0299-77-7787

  • 美容初診予約・美容再診予約
  • 美容医療専用メール相談

お悩み別施術メニュー

治療法別メニュー

美容皮膚科 お悩みQ&A

PAGE TOP