ニキビ痕

☆3/1~5/31までのキャンペーン☆

H30.3 フラクショナルキャンペーン

ニキビ痕とは

im_shimiニキビ痕とは、炎症したニキビが時間の経過とともに色や形状を変え、肌にニキビの「痕」とした残った状態をいいます。ニキビ痕は、大きくわけて3つのタイプがあります。比較的治りやすいものが、赤くなっているけれど腫れている状態ではない「赤みのあるニキビ痕」です。ニキビができた部分にうっ血している(血が滞っている)状態をさします。

赤みのあるニキビ跡は、比較的軽度で、正しいケアを行えば自分で治す事ができます。

次に、紫ニキビ、茶色ニキビとも呼ばれるニキビ痕です。一見シミの様にも見えるこれらが「茶色い色素沈着型ニキビ痕」です。ターンオーバーが正常に行われず、メラニンが肌に残る事でできてしまうため、ターンオーバーを促進する必要があります。色素沈着型ニキビ跡は、美白効果のある薬剤の外用やレーザーによる治療が効果的です。

外用剤としてはトレチノイン+ハイドロキノンが有効で、皮膚に貯留したメラニンを効率よく外に排出していきます。

レーザーは治療としてはレーザートーニングと呼ばれる方法が有効です。

次に、「凸凹ニキビ痕(クレーター)」です。これが最も時間がかかります。

ニキビができていた時、膿を持つほど悪化していた場合、患部が陥没してクレーター状の凹凸が生じてしまうものです。ニキビが治っても、肌の真皮層に傷をつけてしまっているため、肌表面が凸凹してしまいます。真皮層へのダメージ対策にもフラクショナルレーザー(モザイク)やイントラセルを定期的に行うことがいいでしょう。

 

ニキビ痕の治療法

色素沈着型にきび痕に有効な外用剤はトレチノイン+ハイドロキノンです。

トレチノインは、表皮の深い層にあるメラニン色素を排出する働きがあります。ニキビなど色がついたものに対してトレチノインを塗ることで、メラニン色素の表皮の生まれ変わりが促進され、排出されやすくなります。この成分は、ニキビだけでなく、シミ、しわにもとても効果のある塗り薬です。お肌の角質をはがし、皮脂の過剰分泌を抑え、コラーゲンを増やす働きもあるのです。ハイドロキノンとは、ニキビやニキビ痕の原因であるメラニン色素の産生を抑え、メラニン色素をつくる細胞を減少させる成分として注目されています。

トレチノインのみであればニキビやオイリー肌の改善にも効果があります。より効果を実感されたい方は、ハイドロキノンとセットで使うことをおすすめします。

またレーザー治療としてはレーザートーニングが有効で、これは比較的低出力のQスイッチYAGレーザーを繰り返し色素斑に照射することによって、皮膚の内部に貯留したメラニン色素を少しずつ破壊し、排出していく治療法です。QスイッチYAGレーザーは、長い波長を持っているため、肌の真皮上層にまでレーザー光線が届くというメリットがあり、コラーゲンの産生を促すことで、肌のハリやキメが改善し、気になっていた毛穴の開きや法令線までも軽減させる働きがあります。また、ダウンタイムが全くないことも大きな魅力です。

Qスイッチ・ヤグレーザー凹凸ニキビ痕に使用するのは、フラクショナルレーザー(モザイク)とイントセラルがあります。まず、フラクショナルレーザーについてですが、皮膚再生(肌の若返り)による美肌治療としては最先端のレーザー治療といわれています。レーザービームにより小さな穴を皮膚に開け、熱エネルギーを与えながら、細胞再生を行います。肌の色素沈着が気になる人や皮膚表面の凸凹が気になる人に非常に有効です。ただし、多少の痛みがありますので局所麻酔を施すこともあります。比較的ダウンタイムが短いことも魅力です。

一方、イントラセルは、肌の真皮層をターゲットにして、熱刺激を加えることで、ハリや弾力のもととなるコラーゲンやエラスチンを増加させる働きがあります。いわば、毛穴や肌質を改善するマシンです。微細な針を皮膚に挿入し、針先にRF(ラジオ波)を流します。皮膚表面のダメージは抑えつつ、症状の原因がある真皮層へとダイレクトに熱刺激を与えることで、肌を活性化させます。パワーや挿入の深さも選択できるため、患者様の痛みや症状に合わせた治療が可能です。ニキビ痕を薄くするためには、患者様一人一人の肌状態を確認しながら進めていきます。

 

施術メニュー

施術の流れ

STEP1.カウンセリング

カウンセリング医師とのカウンセリングで、あなたのお肌にどの方法が適しているかチェックします。またどのようなリスクがあるかなどの説明を一人一人の患者様にお伝えします。

STEP2.洗顔・クレンジング

lazer_flow_image02メイクや汚れ、皮脂をしっかりと落としていただきます。

STEP3.痛みの緩和

im_0021麻酔クリームによる表面麻酔などをご希望に応じておこない、痛みを最小限で施術できるようにいたします(5分~30分)。

STEP4 照射

Qスイッチ・ヤグレーザー期待できる効果やダウンタイムを考慮した照射方法で施術を行います。(約5~10分)

STEP5 クーリング

lazer_flow_image02お薬や保冷剤などで肌を冷やします。

 

ポイントメイクをしてからのご帰宅も可能ですが、お肌の負担を考えて、ノーメークで帰られることをおすすめしています。

美容皮膚科 無料カウンセリング実施中 0299-77-7787

  • 美容初診予約・美容再診予約
  • 美容医療専用メール相談

お悩み別施術メニュー

治療法別メニュー

美容皮膚科 お悩みQ&A

PAGE TOP