老人性色素班

老人性色素斑について

加齢に伴って生じてくる色素斑でいわゆるシミと言えばこれを指します。文字通り、加齢によってあらわれるシミの一種ですが、別名日光性黒子と呼ばれ、紫外線の影響でできるものとされています。最もできやすい部分はケアを怠りやすい頬の外側のようです。最初は薄いシミですが、加齢や紫外線を浴びた後に、濃くなる傾向があります。40代になると特にできやすくなりますので、注意しましょう。色素細胞(メラニン細胞)と表皮細胞の異常が原因ですが、シミを取り去る根本的な治療は、紫外線で異常増殖したメラニンを破壊する必要があります。茨城県鹿嶋市にある松永皮フ科クリニックでの施術は、Qスイッチヤグレーザーと、内服薬(トラネキサム酸)、炭酸ガスレーザー、フォトフェイシャルが効果的です。

 

老人性色素斑ができる原因と治療法

当院では、老人性色素斑で有効なレーザーの一つとして、Qスイッチヤグレーザーをおすすめしています。Qスイッチレーザーは、シミやアザなどの色素沈着を消す医療用レーザーです。シミの黒い色だけに反応して色素を破壊するので、シミ以外の健康な肌にはダメージを与えないというメリットもあります。境界が明瞭で全く盛り上がっていない平らなシミは良い適応になります。

一方、「炭酸ガスレーザー」は、水分の多い組織を加熱し、蒸散させたり炭化させる働きがあります。強い熱エネルギーが、一瞬のうちにシミ組織を気化・蒸散させてしまいます。シミ周辺の血液が、瞬間的に凝固するため、出血することもなく、シミを取り除くことができます。境界明瞭で触ると軽く盛り上がっているシミはこちらが適応になります。

「フォトフェイシャル」は、メラニン色素の他ヘモグロビンにも反応し、シミ・ソバカス・くすみ・赤ら顔などの肌悩みを改善します。顔全体のトーンアップや肌質改善にも役立ちます。フォトフェイシャルフロートルトライトは従来のフォトフェイシャルと異なり、パルス幅や冷却温度など細かな調整ができるため今まで難しかった薄いシミも取ることができるようになりました。痛みやダウンタイムもほとんどなく、絆創膏が必要ないのも利点です。

レーザーが反応しにくいような薄い小さなシミやくすみや小じわが気になる方には「トレチノイン・ハイドロキノン外用」もお勧めです。トレチノインはビタミンAの誘導体ですが肌のターンオーバーを促し、滞っていたシミを外に追い出してくれる作用があります。またヒアルロン酸やコラーゲンを増生させるため肌がふっくらし小じわが目立たなくなってきます。ハイドロキノンはシミのもととなるメラニンを産生するメラニン細胞の活性を抑える働きがありシミが濃くなっていくのを予防する効果があります。

鹿嶋市にある松永皮フ科クリニックでは、患者様のシミの深さや色を見た上で最適な施術を行います。

 

施術メニュー

施術の流れ

STEP1 カウンセリング

まずは、医師が肌の状態や肌にトラブルがないかを診察させていただきます。 その後、女性スタッフによるカウンセリングで、詳しく患者様のご不安・ご要望などをお伺いし、老人性色素斑の施術のご案内をさせていただきます。外用治療の場合は用法や留意点など詳しくお話しさせていただき窓口でお薬をお渡しします。ピーリング効果があり頑張って塗りすぎると返って肌が荒れてしまったりトラブルの元となりますので注意が必要です。疑問や不安なことがありましたら遠慮なくご連絡ください。

STEP2 麻酔

(炭酸ガスレーザー照射の場合)

炭酸ガスレーザーのみ局所注射や外用にて麻酔処理をおこないます。

STEP3 テスト照射

(レーザー照射の場合)

医師自らレーザーのテスト照射を行います。 出力調整を行った後、患者様に最適な出力で処理をすることができます。

STEP4 本照射

(レーザー照射の場合)

患者様の痛みを確認させていただきながら、老人性色素斑にレーザーを医師が照射していきます。

(フォトフェイシャル照射の場合)

指定された部位全体に光を照射していきます。

STEP5 クーリング(冷却)

(フォトフェイシャル照射の場合)

レーザー照射が終わったらお肌の状態をチェックし、クーリングをして、お肌の痛み・赤みを抑えます。

STEP6 アフターフォロー

(レーザー照射の場合)

絆創膏を貼付します。2週間貼付の継続をお願いしています。

(フォトフェイシャル照射の場合)

クーリングで痛み・赤みが引かない場合は、軟膏を塗布し、炎症を抑えます。 また、ホームケアのアドバイスもさせていただきます。

美容皮膚科 無料カウンセリング実施中 0299-77-7787

  • 美容初診予約・美容再診予約
  • 美容医療専用メール相談

お悩み別施術メニュー

治療法別メニュー

美容皮膚科 お悩みQ&A

PAGE TOP