入れ墨

入れ墨治療

当院では刺青治療を行うことが可能です。
刺青治療には最新レーザー機器であるピコシュアを使用しているため、従来のレーザー刺青治療よりも大きな効果を上げることができています。

ピコシュアの詳しい説明はこちらを参照

入れ墨・タトゥーの治療方法

従来のQスイッチレーザーでは熱作用で破壊するため色素の粉砕力が弱く治療回数が複数回かかりました。それに対し、ピコレーザーは衝撃はで色素を細かく粉砕できるため、効果が高く治療回数も従来の半分ですむようになりました。
肌に対するダメージも少なく、炎症後色素沈着も起こしにくいので治療の間隔も2ヶ月と今までよりも短期間で治療が完了するようになっています。入れ墨

入れ墨②

ADM、青アザの治療方法

メラニン色素が皮膚の深い層、タトゥーと同じ表皮より下の真皮層にあり、取り除くのが難しい色素斑です。

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)や太田母斑、異所性蒙古斑などがこれにあたります。後者2つには保険適応がありますが現在は従来のQスイッチレーザーしか適応が通っていません。理論上は同じ波長で、パルス幅の短いピコレーザーの方が優れていると考えられますが、アジア人に多い疾患のため症例の蓄積が待たれるところです。自由診療になってしまいますが、従来のレーザーで満足いく結果が得られていない方は試してみる価値があるといえます。

 

症例写真

入れ墨症例写真

入れ墨症例写真②

【症例写真に関して】
※個人の肌質により治療効果は異なります
※治療内容はピコシュアによるシミ治療です
※万が一火傷が発生した場合はすぐに医師が対応致します。
※料金は下記料金項目をご参照下さい

治療の流れ

ピコシュアの治療方法はこちらを参照

金額

1cm 10,000円/回(税別)
5cmまで 30,000円/回(税別)
10cmまで 40,000円/回(税別)
50cmまで 50,000円/回(税別)
100cmまで 80,000円/回(税別)(2回目以降 70,000円/回)
〈施術の治療間隔は2ヶ月に1度が目安〉

その他の治療の注意点

ピコシュアの治療の注意点はこちらを参照

美容皮膚科 無料カウンセリング実施中 0299-77-7787

  • 美容初診予約・美容再診予約
  • 美容医療専用メール相談

お悩み別施術メニュー

治療法別メニュー

美容皮膚科 お悩みQ&A

PAGE TOP