ピコレーザー

時代はナノからピコへ

こんな症状に使います

 シミ、肝斑、くすみ、ニキビ跡、毛穴、小じわ、肌質改善

(あらゆる悩みがこれ1台で、しかも同日におこなうことができます)

 

ピコレーザーとは

 これまで、シミ治療にはパルス幅がナノ(10-9)秒のQスイッチレーザーが

主流でした。これがピコ(10-12)秒にまで短縮されたのがピコレーザーです。ピコレーザー画像

パルス幅とはレーザーを照射し始めてから終わるまでの時間のことです。ほんの一瞬

で人の目では判別できない次元のことですが、短ければ短いほど同じエネルギー

でも単位時間あたりに加えられる熱量があがるので、ターゲットに対してするどく

しかも周囲への損傷を抑えつつアタックできるといわれています。

200℃の油が一瞬はねるのとお灸で低温やけどしたのとではどちらの方が

周囲への損傷が大きいのかを考えるとイメージがつきやすいかもしれません。

このため、熱作用で色素を破壊する従来のレーザーに比べ、炎症後色素沈着を起こしにくいのが特徴です。

 

 

ピコシュアと他のピコレーザーとの違い

 ピコシュアは755nmの波長を使用するため、他の1064nmのピコレーザーに比べ、メラニン色素に対する吸光度が3倍高いため、低エネルギーでも非常に効果の高い治療ができます。

 ピコシュア(PicoSure)はサイノシュア社が開発したレーザーでピコレーザーの中で唯一「シミ」「しわ」「ニキビ跡」「入れ墨(タトゥー)」のすべての分野でアメリカのFDA(日本の厚労省のようなもの)の認可を取得している優れたレーザーです。

 特筆すべきは「シミ」だけではない点です。FOCUSレンズというハンドピースを装着することにより表面を傷つけることなくフラクショナル照射が行えるので「シミ」治療と同時に「しわ」「ニキビ跡」などの肌質改善治療も同日におこなえ、これ1台でトータルな若返り治療が可能となっています。

 

 

 

ピコシュアでできること

ピコスポット(シミ)

 従来のQスイッチレーザーでは熱作用で色素を破壊し周囲への損傷も大きかったため絆創膏の貼付が必須でした。ピコではダメージの少ない治療がおこなえるため、絆創膏は基本的に不要となります。炎症後色素沈着も起こりにくいため、これがほぼ必発する四肢のシミなどにもオススメできる治療です。

ピコトーニング(肝斑・くすみ)

従来のQスイッチレーザー(当院ではSPECTRA)によるレーザートーニングでは効果を感じられなかった方には特にオススメです。ピコトーニングは肝斑の改善だけでなく、シミやくすみ、炎症後色素沈着も改善されるので、肌の若返りにも効果的です。

ピコフラクショナル(肌の若返り・ニキビ跡・毛穴・小じわ)

ピコフラクショナル①ピコシュアではFOCUSレンズを取り付け、フラクショナル治療を行うことができます。

皮膚表面を傷つけず真皮コラーゲンに作用するので、従来のフラクショナルより格段にダウンタイムが短くなりました。 

ピコフラクショナル②従来45日は赤みが残ったり、小さなカサブタができたり日常生活に制限がありましたが、ピコフラクショナルでは、ほぼ24時間で消退するため無理なく施術することが可能になりました。

しかも皮膚内部に直接アタックするので通常のフラクショナルより高い効果が期待できます。

ピコフラクショナル⑤

 

 症例写真

【ピコショット(しみ)】

ピコショット①

ピコショット②

ピコショット③

ピコショット④

ピコショット⑤

【ピコトーニング(肝斑・炎症後色素沈着)】

ピコトーニング①

ピコトーニング②

ピコトーニング③

【ピコトーニング(しみ、そばかす)】

ピコ症例

【ピコフラクショナル(しわ、たるみ、肌質改善)】

ピコフラクショナル①

ピコフラクショナル②

ピコフラクショナル③

【ピコフラクショナル(ニキビ痕)】

ニキビ跡①

ニキビ痕②

ニキビ痕③

 

【太田母斑】

太田母斑

 

治療の流れ

【事前】

1. カウンセリング

施術前にカウンセリングを受けていただきます。

〈カウンセリング〉
患者さまが治療を通して、具体的にどのようになりたいかをお聞きします。予算、治療の効果、治療のスケジューリングなど、患者さま一人ひとりのご都合に合い、かつ最も希望に近い治療に向けて行います。その際、不安に思うこと、疑問点なども伺いますので、お気軽にお話ください。

【当日】

2. 施術

施術機器を使って、患部に照射します。ゴムではじかれたような痛みは多少ありますが、ニキビ跡用のフラクショナル以外、表面麻酔は通常不要です。

3. 施術終了・アフターフォロー

ピコショットでは少し赤くなりますが、擦ったり、日に当たったりしなければ絆創膏不要です。
ピコトーニングは従来のレーザートーニングより更にマイルドになりましたのでノーダウンタイムで冷却不要です。すぐにお化粧することもできます。
ピコフラクショナルは赤くなりますが、1~2日で落ち着きます。ただし、まれにかゆみが出たり、腫れたり副反応が出る方がいらっしゃいますので万が一生じましたらすぐにご連絡ください。

金額

ピコショット(しみ取り)

取り放題
全顔 1回150,000円(税別)   モニターキャンペーン100,000円
    手指~手の甲 1回 (片)49,000円(税別)
              (両)88,200円(税別)
    手首から肘関節 1回(片)132,300円(税別)
              (両)132,300円(税別)
    上腕から肩 1回 (片)99,000円(税別)
             (両)178,200円(税別)
    背中(上背部)1回  148,000円(税別)
    首・デコルテ 1回  148,000円(税別)
                       (半年以内の再照射は20%オフ)

ピコトーニング(肝斑、くすみ)

   全顔 1回 25,000円(税別)
      5回 90,000円(税別)(初回のみモニター80,000円)

ピコフラクショナル(肌質改善、小じわ、ニキビ痕)

(若返り 小じわ、肌の張り)
全顔 1回 40,000円(税別)
   3回 100,000円(税別)(初回のみモニター80,000円)

(ニキビ痕)クリーム麻酔付き
両頬 1回 40,000円(税別)
   3回 100,000円(税別)(初回のみモニター80,000円)
全顔 1回 60,000円(税別)
   3回 150,000円(税別)(初回のみモニター120,000円)
    

シミ、肌質トータルに改善! 欲張りなあなたへ

ピコリジュビネーション(トーニング+フラクショナル コンビネーション)
       全顔 1回 55,000円(税別)  (通常より10,000円お得!)
          3回 140,000円(税別) (初回のみモニター120,000円)

治療間隔

ピコトーニングは2週間に1度、
ピコフラクショナルは1ヶ月に1度
タトゥーの除去は2ヶ月に1度
数回行うのが理想です。

注意点

ダウンタイムが少ないとはいっても、皮膚に衝撃を与えてシミを取ったり、肌質を改善させる治療です。治療後の肌はとても過敏は状態なのでこすったり、紫外線に暴露したりすることは極力避けてください。

施術時間

ピコスポット10~30分
ピコトーニング30分
ピコフラクショナル 30分~1時間程度要します。

痛み

パチパチとした痛みは多少ありますが、ニキビ痕用のフラクショナル以外は麻酔不要です。(クリーム麻酔ご希望の方は+5,000円(税別)で追加することもできます)

お化粧

ピコトーニングは当日から、他の治療は翌日からお化粧が可能です。

アフターケア

露出部では必ず日焼け止めを塗ってください。患部はこすらないように注意してください。

 

美容皮膚科 無料カウンセリング実施中 0299-77-7787

  • 美容初診予約・美容再診予約
  • 美容医療専用メール相談

お悩み別施術メニュー

治療法別メニュー

美容皮膚科 お悩みQ&A

PAGE TOP